動物の迷路 動物の迷路
作・絵: 香川 元太郎  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
迷路シリーズ第11弾!!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはお試しください。 >>>
いちばんあいされてるのはぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちばんあいされてるのはぼく

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784591120422

小学校低学年〜
26.5cm x 21.5cm・40ページ

この作品が含まれるシリーズ

ある日、5ひきのうちの1ぴきの子が「パパにいちばんあいされてるのはぼくだよ」と
言い出したことからたいへんなことになって・・・。

ひとりひとりを だれよりもあいしてる・・・。――― 父と子のふかい愛の物語 ―――
「ティラノサウルスシリーズ」第9弾。


むかし むかし おおむかし。
ティラノサウルスが ひろった たまごから、
ごひきの アンキロサウルスの あかちゃんが
うまれました。
ちいさな あかちゃんたちを みて、
ティラノサウルスは・・・・・・。

ティラノサウルスシリーズの最新作

シリーズものの絵本の金字塔とも言って差し支えない「ティラノサウルスシリーズ」の第9弾。
私にとって、このシリーズは号泣できるかどうかが、評価のポイントとなっているくらい、レベルの高い作品群だと思っています。

今回は、5つのアンキロサウルスの卵が割れるシーンから始まります。
案の定、生まれでたアンキロサウルスは、目の前に立っていたティラノサウルスを自分の親だと思い込みます。

いつものとおり、そのアンキロサウルスを食べようとする恐竜が現れます。
その時のアンキロサウルスの行動に、ティラノサウルスは心をうたれて、恐竜をやっつけて、パパとして生きることにするという出だしです。

大きな展開は、題名になっている「いつもあいされているのはぼく」という出来事が起こってから。
その理由も成る程と納得できるもので、良く練られた内容です。

最後は、お決まりのようにティラノサウルスが崖から落ちるのですが、今回は死んでいないようなので、一寸ほっとした感があります。
いつも、ティラノサウルスが死んで、流れ星が流れ、あまりにも悲しい結末なのでたまにはこうしたエンディングも良いのではないかと思いました。

「・・・・・
 だ、だれが そのなかで いちばんなんて、
 くれべられないんだよ・・・・・
 だ、だってな・・・・・おれは・・・・・
 おまえたち みんなの パパだからさ・・・・・」

いつもの宮西さんの珠玉の言葉ですが、やっぱり良いです。
是非、パパに読み聞かせして貰って、親子の絆を深めて欲しい必読の一冊としてオススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮西 達也さんのその他の作品

トラネコとクロネコ / ニンジャさるとびすすけ / あいすることあいされること / かぶと3兄弟 五十郎 六十郎 七十郎の巻 / まま みてて / せいぎのみかた ワンダーマンの巻



ジュニアポエムシリーズ『まぜごはん』 内田麟太郎さんインタビュー

いちばんあいされてるのはぼく

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ





この作品をあなたのブログに掲載しませんか?

お好きなレイアウトを選んでテキストエリアのHTMLコードをコピーして自分のブログに貼り付けてください。

ノーマル(小)

いちばんあいされてるのはぼくいちばんあいされてるのはぼく
作・絵:宮西 達也出版社:ポプラ社絵本ナビ

ノーマル(大)

いちばんあいされてるのはぼくいちばんあいされてるのはぼく
作・絵:宮西 達也出版社:ポプラ社絵本ナビ

シンプル(小)

いちばんあいされてるのはぼくいちばんあいされてるのはぼく絵本ナビ

シンプル(大)

いちばんあいされてるのはぼくいちばんあいされてるのはぼく絵本ナビ

全ページためしよみ
サイン本販売中