くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
とうろうながし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とうろうながし

作: 松谷 みよ子
絵: 丸木 俊
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とうろうながし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年06月
ISBN: 9784034380406

24cm×21cm

出版社からの紹介

ひさしぶりにおとずれた広島で、8月6日の夜、とうろうながしを見たわたしは、夜ふけに河口で、ふしぎな人たちの行進にであう。

ベストレビュー

さまよいつづける魂たち

広島に原爆が落とされた日。
8月6日のとうろう流しのお話です。
母親となってひさびさに広島を訪れた女性は、こどもととろうを流します。
おじさんはあの原爆で亡くなり、両親も原爆症で亡くなったのでしょうか。
平和を祈り魂たちの冥福を祈るのですが、流されたとうろうが海から戻ってきて、さまよい続ける魂たちの姿を目にします。
何年たっても、あの原爆は過去形ではないという強いメッセージを感じました。
今日、環境を考えて回収されるので、流されたとうろうは海をさまようことはありません。
魂たちはどうしているのでしょうか。

松谷さんの平和への祈り、丸木さんの鎮魂の祈りが凝縮された絵本だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 天人のよめさま / ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん

丸木 俊さんのその他の作品

ロシアのわらべうた / いのちの花 / ねずみのくれたふくべっこ / 英日CD付 英語絵本 うみのがくたい The Ocean-Going Orchestra / どんぶらこっこ すっこっこ / おきなわ島のこえ



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

とうろうながし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット