マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう!の試し読みができます!
作・絵: 西村 敏雄  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
読んでいるとお腹がグー!美味しいカレーが食べたくなる絵本です
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくとわたしとおひさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとわたしとおひさま

作: Peekaboo
絵: m-design
出版社: シーエムシー出版

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくとわたしとおひさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

"★親子で考える紫外線のしつけ絵本
★季節に応じた紫外線対策のノウハウをお子様とご一緒に!
★紫外線や日焼けに関する正しい知識,科学的知見を掲載!

刊行にあたって
紫外線対策をママをはじめ父兄や先生に訴えるのは簡単ですが,子供に理解してもらうのは大変。これから,幼稚園に入り,自立の道を歩む子供たちにどうしたら,自分自身でお肌を守ってもらえるのかしら?と思ったとき「絵本」を作りたいと思いました。いろいろなシーンで,これから息子や娘たちが遭遇するお日さまの光,紫外線。いつまでも健康な肌でいてほしいから!「予防」が一番の方法だと思います。
 紫外線対策先進国のオーストラリアでは“Slip!Slop!Slap!(シャツ,サンスクリーン剤,帽子)”というスローガンを掲げ,紫外線対策は大人から子供まで習慣化しています。私達も健やかな肌を保つための『おやくそく(帽子,長袖・長ズボン,日焼け止めクリーム)』を守って予防につとめることが大切。「皮膚がん」など後々起こる日焼けの害だけでなく,「免疫力の低下」という急性の害もあることを知っていただき,子供たちへ紫外線対策の必要性を教えてあげてください。"
ぼくとわたしとおひさまぼくとわたしとおひさま

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

ぼくとわたしとおひさま

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット