あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
もしもしモモン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もしもしモモン

作: 瀧川 光治
絵: 駒田 賢一
出版社: シーエムシー出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もしもしモモン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

怪我をした「森の連絡係」である父を助けるため,モモンガのモモンが大奮闘!糸電話から始まり連絡に使う道具を次々に改良していく。思案し試し,発見する。この自発的な気付きを物語に乗せて伝える。原理は巻末の解説で詳述している。

もしもしモモン
もしもしモモン

ベストレビュー

えっ!?ホント??

怪我をしてしまったモモンガのお父さん。
お父さんが家でも仕事ができるようにと、モモンが、みんなの家に糸でんわをひくお話です。

弛んだり切れたりしてうまくいかない糸でんわ。
モモンが試行錯誤して、進化させていくところが面白かったです!

工夫したり、生み出す面白さ。
そして、「えっ!?ホント?きこえるの??」。
きっと、試してみたくなります。

探究心を育てる一冊です。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

もしもしモモン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット