あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
A Sick Day for Amos Mcgee
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

A Sick Day for Amos Mcgee

ベストレビュー

風邪をひいた日にぴったり

動物園で長い間働いているエイモスさんが、ある日風邪をひき仕事を休みます。心配した仲良しの動物たちがバスに乗って家にやってきて、いつもエイモスさんがしてくれていることをしてあげて、風邪の日を一緒に過ごすという話。お話だけでなくレトロな感じのイラストの色合いが、とても暖かくほんわりとしていて、みているだけでほっとした気持ちになります。寝る前に息子に本を読むのですが、いつも2回読まされるので、イラストをみながら『ゾウやサイ達は皆バスに乗れると思う?』『何番のバスに乗るんだっけ?』などといろいろな質問して楽しんでいます。きっと風邪をひいた日にベッドでホットミルクを飲みながら読むともっと楽しめると思います。
この本はNYにある子供の本のお店で購入したのですが、店員さんによるとこの本の作者は昔その本屋さんで働いていたことがあるとか。そのせいか本にもっと愛着がわいて、子供だけでなく私のお気に入りにもなっています。(ちなみにこの本屋の店員さんは、タイトルを覚えていなくてもストーリーをちょっとかいつまんで話すと、ああそれはきっとこの本ね、とすぐにさがしてくれます。)
(neco33さん 40代・ママ 男の子4歳、女の子0歳)

出版社おすすめ


フィリップ・C・ステッドさんのその他の作品

ねむるまえに クマは / エイモスさんが かぜを ひくと

エリン・E・ステッドさんのその他の作品

あ、はるだね / クジラにあいたいときは



新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

A Sick Day for Amos Mcgee

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット