しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
あおよかえってこい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あおよかえってこい

作: 早乙女 勝元
絵: 遠藤 てるよ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「あおよかえってこい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

戦争の中で馬のあおが命を守ってくれた

早乙女 勝元さんの 猫は生きているがすごく印象深く心に残っています
このお話も 戦争の頃 今のように車が少なくて 馬が荷物を運んでいたのでしょう。  私のひいおじいさんは、馬車やさんで馬を飼って荷物を運ぶ仕事をしていました

東京の下町は、戦争の被害も大きく、B29の爆撃を受けたのですね
このお話の一郎とけんちゃんも又 その戦争の被害者です

馬のあおはまだ子馬だけれども 荷物を運ぶ仕事をしていたのですね

親馬は戦争にかり出されて、けんちゃんも 疎開といって戦争の爆撃を逃れるために、田舎に行くのです。
仲良しのあおとの別れがどんなにか辛かったかが よくわかります。

あおは一郎が爆撃にあったとき自分の見で守り 天に昇っていったのです 悲しいお話です。
ペガサスになったあおのあはなし 
「あおかえってこい」は、願いであり叫びですね!

今は戦後65年 戦争の悲しさは忘れられていますが こうして本を読んで私たちは 語り継いでいく義務があるように思えます!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


早乙女 勝元さんのその他の作品

ゆびきり / 語り伝える東京大空襲(5) いのちと平和の尊さを / 語り伝える東京大空襲(4) 焼きつくされた町と人びと / 語り伝える東京大空襲(2) はじめて米軍機が頭上に / 語り伝える東京大空襲(1) 戦争・空襲への道 / 語り伝える東京大空襲(3) 10万人が死んだ炎の夜

遠藤 てるよさんのその他の作品

ごんぎつね / かくれんぼてぶくろ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(4) 古田足日子どもの本 / あまんきみこ童話集(5) / さんまいのおふだ 改訂版 / カムイチェプ神の魚



すべてのおとなとこどもに贈ります

あおよかえってこい

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット