だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
オイノ島がきこえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オイノ島がきこえる

作: 三谷亮子
絵: 伊東 寛
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥903 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年02月
ISBN: 9784875765301

小学中級
たて21.6cm×よこ15.5cm 120ページ

出版社からの紹介

オイノ島は無人島になった。ある日島に電話かけた。すると…。

ベストレビュー

離島

息子の国語プリントで見たので、プリントを読む前に読み聞かせしました。

わずか10人ばかりの住民になってしまったオイノ島。

住民は島を離れることを決意します。

生まれ故郷を離れるのは正に断腸の思いでしょうね。

住民たちの新しい暮らしの中で感じる思いが順番に描かれています。

中でもホームで暮らすとくばあが、オイノ島の公衆電話に電話をかけ島の声を聞く場面は胸をつかれるような思いがしました。

過疎化が進んだり生活のことを考えて自分の故郷でないところで過ごすというのはこんな気持ちなのだと、子どもにもわかる形で描かれているのはさすがです。

展開やストーリーもうまいなあと思いました。

絵が伊東寛さんなので、それだけでおもしろいお話なのかと、想像してしまったのですが、違っていました。

一人読みするなら中学年以上だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三谷亮子さんのその他の作品

紙芝居 なぜ、おひなさまをかざるの?

伊東 寛さんのその他の作品

ぼくのきかんしゃ / フォア文庫 ぼくのじしんえにっき / おふろかいじゅうカルルス / ちびドラゴンのおくりもの / ぼくのじしんえにっき / ペンギンハウスのメリークリスマス



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

オイノ島がきこえる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット