もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
いたちのイジワリッチ・イタッチ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いたちのイジワリッチ・イタッチ

作・絵: ハンナ・ショー
訳: 古橋 香子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784265850020

3才 〜 小学校低学年向け
A4変型判 26.6×20.0 26頁

出版社からの紹介

すべてを手に入れた男、イジワリッチ・イタッチは、豪華な持ち物を自慢しようと、パーティーを思いつく。知り合いに招待状を送るが、さんざんな結果に。どうするイタッチ!


「いたばし国際絵本翻訳大賞」大賞受賞作品(英語部門)

いたちのイジワリッチ・イタッチ

ベストレビュー

思い出の一冊

2009年度「第16回 いたばし国際絵本翻訳大賞」の英語部門の最優秀翻訳大賞の翻訳が、出版に至ったものです。
主催しているのは、東京都の板橋区立中央図書館。

実は、私も今年こそは翻訳本を出版にこぎつけるんだと意気込んで、応募したのですが、敢え無く落選しました。
翻訳を読むと成る程と納得するばかり。

原題は、「Evil Weasel」なのですが、それを「いたちのイジワリッチ・イタッチ」と訳しているのですから、この時点で落選は決定的だったと思わざるを得ません。

お話は、金持ちのイタチ君が、パーティの案内状を送るところから始まります。
待てど暮らせど誰も来ないので、イタチ君が案内状を送った動物達にその理由を聞いてまわります。
その底意地の悪さに辟易としているというのが理由です。
底意地の悪さは、一寸ウィットが効いていると思えなくもないのですが、やられた側にとっては、たまったものではありません。

それからは反省するという展開で、オチも一寸捻ってあるのですが、憎めない感じがしました。
文句なしに楽しめるというところまでは行きませんが、それぞれのエピソードはなかなかユニーク。
イタチ君の何か企んでいる目つきは、なかなかのものだと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




シリーズ6作目は野菜畑でばけくらべ!上手に化けられるかな?

いたちのイジワリッチ・イタッチ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット