だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
琵琶湖のカルテ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

琵琶湖のカルテ

作: 今関 信子
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784580821040

A5判 160ページ

出版社からの紹介

琵琶湖から環境を考える

日本最大の湖、琵琶湖。この湖は、日本でいちばん古い湖でもある。
誕生以来、琵琶湖はさまざまな固有種をはぐくみ、また人間たちに大きな恵みをあたえてきた。
その琵琶湖が、人間の活動による環境の変化で、いま調子をくずしつつある。
「琵琶湖の医者」として、湖をずっと見守ってきた科学者たちの研究を通して、現在の琵琶湖のすがたに迫る!


日本最大の湖として、多くの人に知られる琵琶湖。その琵琶湖の環境を、科学者の研究と市民の活動にふれながら、わかりやすく紹介したノンフィクションです。
赤潮やアオコ、外来種、さらには地球温暖化など、琵琶湖から見えてくるさまざまな問題と、それに対する地域の人々の取り組みは、環境問題を考えるきっかけになるでしょう。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

今関 信子さんのその他の作品

弥生人の心にタッチ!開いたタイムカプセル「下之郷遺跡」 / 津波をこえたひまわりさん / 永遠に捨てない服が着たい / 命をつなぐ250キロメートル ―抱きしめてBIWAKO / こちら「110番動物園」 / 大型紙しばい いちどとまってみぎひだり



2つの写真のまちがいをさがそう

琵琶湖のカルテ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット