なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
育休パパになろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

育休パパになろう

作: とも
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「育休パパになろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784286058405

四六並・112ページ

出版社からの紹介

「子育てを妻ばかりに任せていては、もったいないです。子供が生まれたら、一年くらいは仕事を休んで、妻と一緒に
子育てをしてみましょう(本文より)」一年間、育児休暇を取り、そこでの体験をブログにまとめていたものが一冊の本になった! 
子育てはビジネススキルにつながることや、育休で子供の成長に立ち会える喜びを綴った書。
家計の節約術にも触れていて、世の男親に是非とも読んでほしい一冊。男性の育児のモデルケース的エッセイ。

ベストレビュー

パパも一緒に

 2005年の時の育休の様子が書かれています。会社ことや生活費のことなど、パパならではの話も興味深かったです。
 パパの育児記録は、ママとは視点とはちがったところがあるのでおもしろいです。
 
 パパが育休できるといいのですが、やっぱり現実はむずかしいなと思います。
 育休まではできなくても、パパがしっかり育児にかかわってママの大変さをわかってくれるだけでも、いいことだと思いました。
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

育休パパになろう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット