くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
みんなのためのルールブック――あたりまえだけど、とても大切なこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなのためのルールブック――あたりまえだけど、とても大切なこと

作: ロン・クラーク
訳: 亀井よし子
出版社: 草思社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥952 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784794213525

小B6判・112頁

出版社からの紹介

『あたりまえだけど、とても大切なこと』の50のルールをシンプルにした子ども版。
礼儀や社会のルールを守ることの大切さを親子で考えるのに最適。オールカラー。

ベストレビュー

みんなのルール

 本当にあたりまえのことが書かれているのですが、私には耳がいたかったです。著者はアメリカの方なので、どこの国でもモラルが低下しているんだなと思いました。
 子どもにルールを教えると同時に、私たち大人も気をつけなければと感じました。

 絵が明るく楽しいので、子どもは覚えやすいだろうなと思いました。
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロン・クラークさんのその他の作品

あたりまえだけど、とても大切なこと――子どものためのルールブック

亀井よし子さんのその他の作品

いつも ふたりで / いじめを乗りこえる / うちの子、どうして同じ服ばかり着たがるの?――ママたちの50の疑問に答えます



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなのためのルールブック――あたりまえだけど、とても大切なこと

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット