おかしなゆきふしぎなこおり おかしなゆきふしぎなこおり
文・写真: 片平 孝  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
冬の日。外へ出かけてみると、雪や氷の、おかしな、ふしぎなかたちが見つかります。きれいで、迫力あふれる冬の写真絵本です。
ヒラP21さん 60代・パパ

雪と氷の芸術作品
雪が作った不思議な造形に見とれてしまい…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
紙芝居 なしとりきょうだい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 なしとりきょうだい

絵: 池田 げんえい
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

昔話の良さがわかる紙芝居

9月の絵本の読み聞かせで、読んでいただきました。

病気のお母さんのために、やま梨を採りに三人の息子が
山へ出かけます。
長男、次男と次々に出かけますが、帰ってきません…。
末の三男が出かけていくと、山の入り口で、婆さまから
注意事項を聞き、兄たちは注意を守らなかったから
帰って来なかったと聞きます。

「いけっちゃ ガサガサ」「いくなっちゃ トントン」と
不思議な声が聞こえてきて、楽しい気持ちになってきます。
擬音語がたくさん使われている昔話なので、耳に心地よくて
不思議と聞き入ってしまいます。

忘れたころに、婆さまのお話が出てくるのですが、それを聞くと
安心した気持ちでお話を聞き終えることが出来ます。

2〜3歳児は、途中で飽きてしまっている子もいましたが、
5歳以上の子は、最後まで静かに聞いていました。
(ぷりこさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子3歳)

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。

池田 げんえいさんのその他の作品

ノッポさんのえほん(6) ブレーメンのおんがくたい / おとがいっぱい日よう日 生活音 / ゆきんこのはなし(チャイルド本社刊)



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

紙芝居 なしとりきょうだい

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット