だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
人形の旅立ち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

人形の旅立ち

作: 長谷川 摂子
絵: 金井田英津子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年06月
ISBN: 9784834006193

自分で読むなら・ 小学高学年から
ページ数: 208 サイズ: 21X16cm

出版社からの紹介

神社の境内の楠の根もとに捨てられた雛人形たちは、満月の夜、うろの中の海に消えていきます。表題作のほか4編のファンタジーは、山陰の故郷の町を舞台に紡ぎだされたもの。

ベストレビュー

長谷川さんの児童書

長谷川摂子さんの著作を読む機会があり、一か月ほど長谷川さんの方を読んでいました。

長谷川さん、どちらかというと絵本イメージが大きいのですが、この本は子どもの頃の不思議な体験について描かれた短編童話集です。

読みながら子どもの頃の記憶には楽しいものもあるけれど、不思議な出来事や怖い出来事も蓄積されるということ、子どもの頃には、言葉にすることができなくてもその機が熟した時、つまり言語化できて消化できるような頃になると言葉が紡ぐように出てくるのではないかということを思いました。

どの作品も心に残ったのですが、最後のお話「歓喜の宴」が特に印象に残りました。

私の家に一夜の宿を求めてきた三味線弾きのお話です。

その頃には、身元の知れぬ旅人を止めるためにお寺のお堂があったんですね。

家には泊めることはなかったけれど、お堂に泊まった三味線弾きから私は不思議な話を聞くのです。

三味線弾きは800歳で未だに死ねないと言うのです。

嘘とも本当ともつかないこのお話、所帯を持ったこと、何かの形で婚家を追い出されるように出たことは本当のようでした。

死ぬことができずに流浪の旅をするというのは、切ないものがありました。
でも、人生というもの、必ずしも明るい楽しいことばかりではなく、むしろ哀しい切なさというのは、誰にでも秘めているものなのかもしれないと思うのです。

そういう意味では、とても切なく胸に迫ってくるものを感じました。

「椿の庭」に出てくるきみじょっちゃんという昔亡くなった子どもの話は、同じ頃「グリーン・ノウの子どもたち」を読んでいたせいか、日英の国の違いはあれ、亡くなった子どもたちが自分の住み慣れた場所を離れずに今でも時々遊んでいるところなどが似通っている感じがしました。

歴史のある古い場所には、あの世とこの世の境目のようなころがあり、そこを行き来できるというようなことがあっても不思議ではないと思えました。

絵本での長谷川作品しか知らなかったですが、この作品を読んでこれは長谷川さんの代表作だと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 摂子さんのその他の作品

ぐやんよやん / はちかづきひめ / まほうのコップ / 家郷のガラス絵 出雲の子ども時代 / 絵本が目をさますとき / さくら

金井田英津子さんのその他の作品

哲夫の春休み(下) / 哲夫の春休み(上) / 猫町 / ねずみのよめいり / 冥途 / 夢十夜



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

人形の旅立ち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット