十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
ビッグバンのてんじくネズミ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ビッグバンのてんじくネズミ

作: 石井 睦美
絵: 長 新太
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ビッグバンのてんじくネズミ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

哲学への入り口

「だれかに何かを言われることに、いちいち反応することはない」
この言葉が胸にしみました。

思春期の頃は特に、周りからどう思われているかきになるものです。
その視線に押しつぶされそうになります。
自分は自分なんて堂々と生きられたらどんなにいいか。

裕一が出会ったおじいさんは、若い頃にビックバンから来たむなしさが、てんじくネズミの姿で現れて一緒に暮らした話をしてくれます。
てんじくネズミはおじいさんの心の姿だったのではないでしょうか。

むなしさに支配されたおじいさんが、自分と向き合うことで一歩前に踏み出したのでしょう。
てんじくネズミのために食料など買いに行ったのは、外の世界へ出るきっかけだと思います。

裕一とお姉さんがおじいさんの話を話し合い、お互いの意見で新たな考えが生まれるところが好きです。
おじいさんがいなくなって、二人がもとの関係に戻るところも好きです。
ベタベタするだけが仲良しではないのです。

でも、きっと少しなにかが違っているのでしょう。
そんな希望を感じる最後でした。

高学年にも難しいかもしれませんが、数年たってまた読んだ時に自分の成長を感じられる本だと思います。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

石井 睦美さんのその他の作品

ビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなし / ちいさなオレグ / 世界でいちばんすばらしいもの / 10歳までに読みたい世界名作(11) ふしぎの国のアリス / 鮎はママの子 / お金のない王女のおはなし

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ぼくはイスです / タマタン / みんな にげた / さんぽ だいすき / 新装版 はなちゃんおふろ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

ビッグバンのてんじくネズミ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット