となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
だいすきだよ、オルヤンおじいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいすきだよ、オルヤンおじいちゃん

作: カミラ・ボルイストレム
絵: 千葉 史子
訳: 石井 登志子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年8月31日
ISBN: 9784198630096

小学校低・中学年から
A5判/64ページ

出版社からの紹介

八歳の男の子オルヤンは、おばあちゃんが入った老人ホームで、自分と同じ名前のおじいさんに出会いました。
やさしくて楽しいオルヤンおじいちゃんは、足が悪くて自由に外出できません。
そこでオルヤンとおばあちゃんは、おじいちゃんを車いすに乗せて散歩に連れ出しますが…? 
男の子とおじいさんのほのかな友情を温かく描く、心に残る物語。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千葉 史子さんのその他の作品

十一月の扉 / ココの詩 / 時計坂の家 / ニレの木広場のモモモ館 / 角川つばさ文庫 ごちそうびっくり箱 / 十一月の扉

石井 登志子さんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / 暴力は絶対だめ! / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡 / 雪のおしろへいったウッレ / わたしもがっこうにいきたいな



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

だいすきだよ、オルヤンおじいちゃん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット