ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おとうさんはパンやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうさんはパンやさん

  • 絵本
作: 平田 昌広
絵: 鈴木 まもる
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784333024544

5歳から
25×22cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

私のうちはパン屋さん。お父さんは毎朝暗いうちから材料を仕込み、お母さんは朝6時に店を開けます。それは、焼きたてのパンを朝食に食べてほしいから――。おいしいパンを届けたいというパン屋さんの思いや、パン作りの過程を、わかりやすく描いた絵本。両親の働く姿から仕事を学ぶシリーズの第3弾です。


・パン屋さんの仕事がわかります
・ホロリとするストーリーです
・子どもに人気のある職業です


このシリーズは実際に取材をした上で製作しています。パン屋さんはとにかく朝が早いのです。午前2時から厨房に入った画家の鈴木まもる氏は、パンの仕込みを続ける店主さんの横で休まずスケッチを続けました。その臨場感あふれるタッチが、絵本にもいきています。ちなみに、20ページに描かれた白いひげの男性は、日本にフランスパンを広めた「フランスパンの父」、フィリップ・ビゴ氏です。子どもたちだけでなく、パンに詳しい方にも楽しんでいただけるようにという願いを込めて作りました。ぜひご覧ください。

ベストレビュー

温かいお話

八時を過ぎて「今日は寝るから」という息子を引きとめて私が「読み聞かせしないと一日が終わらないから」と無理やりに本を読み聞かせした時に読んだ本です。

単にパン屋さんのお仕事がわかるというだけでなく、パン屋さんの娘のサキちゃんに弟が生まれてくるという話も交えてのとても温かいお話だなあと思いました。

平田さんの作品だけあって、家族愛が感じられました。鈴木まもるさんの絵もとてもマッチしていると思いました。

偶然選んだ本ですが、眠る前の読み聞かせにはちょうどよかったかもと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


平田 昌広さんのその他の作品

いすにすわってたべなさい。 / みかんの めいさんち / おかんとおとん / しろがくろのパンダです。 / へぇこいたのだれだ? / あめふりうります

鈴木 まもるさんのその他の作品

わたり鳥 / すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

おとうさんはパンやさん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット