しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
すずちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すずちゃん

  • 絵本
作: さえぐさ ひろこ
絵: ひろかわ さえこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784333024575

小学校低学年から
A5変判 21p×16p 64ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ようちゃんは、一羽の弱ったすずめを保護し、懸命にお世話します。お水を用意して、食パンを細かくちぎって…。公園から小さな木の枝や葉っぱも拾ってきました。そして、すずちゃんと名づけます。でも、外で暮らす鳥は外がお家…。次第に元気を取り戻すすずちゃんに、ようちゃんの心は揺れ動きます。いのちを見守る不安と喜びを丁寧に描く作品です。


・心温まるお話です
・いのちを大切にする心を育てます
・ぬくもりのある絵が魅力的です


ペットではなく、野生の鳥との出会いを描いたお話です。小さな女の子の心の揺れ、心の成長を、ぬくもりのある絵とともに感じ取っていただける素敵な作品です。

ベストレビュー

すずめの名前でした

傷を負ったすずめを一時的に家で
世話をすることになったようちゃんのお話です。
作者の実体験を元に作られたそうです。

すずめに元気になってもらいたい気持ちと
外の世界に帰したくない気持ちで
ようちゃんは揺れます。

どうすることがすずちゃんにとって一番幸せか
ようちゃんは知っているのですが
鳥かごに暗幕をかけてすずちゃんを引きとめようとする
ところは心が痛みます。

娘にはようちゃんの気持ちを考えるように促しました。

文字が大きく幼年童話の導入本に適していると思います。
年長の娘は一人で読めました。
個人的な感想ですが「道徳」の時間で使えるような
題材だと思いました。
道徳って今でもあるのかどうかはわかりませんが。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さえぐさ ひろこさんのその他の作品

あのね / ぼくのそりにのって! / トンチンさんはそばにいる / どうぶつうんどうかい / くまくんとうさぎくん くもようび / 紙芝居 サンポじいさんの いし

ひろかわ さえこさんのその他の作品

わかってるもん / まーだだよ / あと、いくつ? / ばななちゃん / いちごちゃん / みかんちゃん



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

すずちゃん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット