ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
じゃんけんじゃらすけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じゃんけんじゃらすけ

作・絵: おだのぶお
出版社: リブロポート

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「じゃんけんじゃらすけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

じゃんけん好きがおさまらないのに大笑い

 じゃんけんを教えたら止まりませんでしたねぇ〜。
 あ〜、教えなきゃよかった〜、なんて後悔なんかしたりして〜。

 じゃんけんの好きなじゃらすけ君。
 ここまで好きだと本名で呼ぶ人はいないんでしょうね。
 じゃんけんをする相手がいなくなると、自分の右手と左手でやり始め・・・。
 母親は観音さま頼みで、じゃらすけをお寺さんへ連れて行き・・・。

 和尚さんもお手上げのこのじゃらすけ。
 手ごたえのある相手登場とおもきや、こびんす(こども)の正体に息子は、「え〜〜〜!」と当時喜んでいました。
 最後は観音様のお力で添えで難を逃れはしましたが、じゃらすけのじゃんけん好きがおさまらないのに大笑いでした。

 土佐弁の語りと色数を抑えた版画が、地方の昔話のような味わいを出しています。
 普段聞きなれない土佐弁のお話を息子は、なんの抵抗も無く聞き入っていました。
 関西弁や愛媛の方言に並び好きな土佐弁のこのお話を親子でたのしみました。
 パタリと絵本を閉じて、裏表紙にもクスリ!です。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

おだのぶおさんのその他の作品

バナナででんわをかけました / さかながふってきたら / なきむしのおひめさま



ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

じゃんけんじゃらすけ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット