ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ぼくはロボットパン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはロボットパン

作: 桜井信夫
絵: 西川 おさむ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年02月
ISBN: 9784338013239

幼児から
23×19cm/27ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

パンやのおじさん、ごじまんのロボットパン。でも、ロボットパンは食べられるのは、おことわりだい、とにげだします。とっとことっとこ町をでて、どこまでもにげるのですが……でもねえ。

ベストレビュー

子供

パンやのおじさんは、毎日美味しいパンを作っています。おじさんが作ったパンはきっと自分の子供のように愛おしいと思っているに違いありません。「なにか素敵なパンを作りたいな。」と、思って出来たのが、ロボットパンでした。おじさんによく似たロボットたちは、おじさんに本当によく似たおじさんの子供たちのようでした。食べられてしまうのが嫌で逃げ出したロボットたちです。行進を始めたロボット達の後についていくおじさんは、親子みたいでした。やっぱり、ロボットを作ると
どうしても感情移入してしまって、情が入りいつまでも一緒に暮らすというのは無理だからもう作れなくなってしまうのですね・・・・
パンはやっぱり、美味しく食べてもらうのが一番だと思いました。
美味しく食べてもらうのが本望だと思いました。優しいおじさんは、これからも美味しいパンを作っていくと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

桜井信夫さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 子どもの伝記10 エジソン / せつぶんだまめまきだ / 紙芝居 やまなし / 紙芝居 こいのぼりさんありがとう / 諸葛孔明 / 紙芝居 子そだてゆうれい

西川 おさむさんのその他の作品

ねぐせうらない / ピーポポ・パトロール 百本きゅうりのかっぱのやくそく / かあさんのにゅういん / もりやまみやこ童話選 2 / アイウエ動物園 3 しろくまのアンヨくん / ピーポポ・パトロール はんぶんおばけのマメンキサウルス



子どもも大人も読み聞かせで大爆笑!

ぼくはロボットパン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット