ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
ちいさな しんぱい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさな しんぱい

作・絵: アンネ・エルボー
訳: 木本 栄
出版社: ひくまの出版

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちいさな しんぱい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年10月
ISBN: 9784893172457

出版社からの紹介

くまのアルシバルドが、あさ、目をさましてみると、ぽかんと白い雲が空に浮かんでいました。その雲をみているうちに、なんだかとてもしんぱいになってきたのです。
その雲から逃げて、逃げて…。不安な心をしずめるために、大好きなジャムをたべてもしんぱいは、おおきくなるばかり…。

ベストレビュー

題名と、内容がちょっとぴったりこない。

絵は可愛い。ものすごく個性的で、引き付けられるものがあります。
朝目をさますと、クマの頭の上に小さな雲が出来て、走っても、頭を下にしてみても、怒っても、うなっても雲はクマの頭の上にずっとあります。
やけになって、クマは好きなものを食べまくります。でも、雲は頭の上。
 もう、いやだ。泣き出すと、雲泣き出しました。(それって、雨?)
しばらくすると、雲がいなくなりました。
ホッとするクマのお話。
発想は面白いんだけど、転回がちょっと無理矢理すぎる気も〜。題名がちょっと不釣り合いな気がしました。原語は違う意味なのかな?
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

アンネ・エルボーさんのその他の作品

すきまのじかん / エドワールとアルマン うみへいく / そらいろの いえ / おつきさまはよるなにをしているの?

木本 栄さんのその他の作品

世界名作ショートストーリー ヘルマン・ヘッセ 子ども時代より / ひみつのプクプクハイム村 / 14歳、ぼくらの疾走 マイクとチック / ミルクマンという名の馬 / ミムス / 帰ってきた半ズボン隊 (上)事件編



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

ちいさな しんぱい

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット