だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ぽっかりこ ふんわりこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぽっかりこ ふんわりこ

写真: 藤井 幸雄 中川 雄三
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥305 +税

「ぽっかりこ ふんわりこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年07月

2才〜4才向き
ページ数: 24 サイズ: 21X20cm こどものとも年少版 1993年7月号

出版社からの紹介

空に浮かぶ様々な形の雲。帽子に見えるかな。お皿に見えるかな。魚が泳いでいるような雲。鳥が空高く飛んでいるような雲。だれが雲の階段を登って、雲の滑り台から滑ってくるのかな?象もりすも青空を走っている。ろうそくも出てきた。眠りの国から船が迎えに来てくれる。二人のカメラマンの50年にわたる追跡から厳選した雲の写真に、楽しい歌がつきました。

ベストレビュー

写真絵本

写真の雲に、とても上手く言葉が考えてあるので感心します。

雲の形が、言葉を添えるとその形に確かに見えるので不思議です。

空の雲の形を捜すのが楽しみになってきます。

絵本で楽しんだ後には、自分で空を見てゆっくり流れる雲をみたいと

思いました。「ぽっかり ふんわりこ」の曲まで作ったので、のんびり

歌ってみました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

中川 雄三さんのその他の作品

ハス池に生きるカワセミ / 水中さつえい大作戦 / まちのコウモリ / ヤマネはねぼすけ?



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ぽっかりこ ふんわりこ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット