雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
The Wheels on the Bus
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

The Wheels on the Bus

作・絵: Paul O. Zelinsky

ベストレビュー

歌と一緒に、楽しもう!!

新婚旅行さきのHAWAIIで、3冊購入しました。

数年後、NHKの、『英語で遊ぼう』で、偶然、歌っていた歌が、この本の内容でした。

1、タイヤが回り、2、ドアが開閉し、3、お客さんが乗車。
4、運転士さんが、「カモ〜ン」したり、5、窓を閉め、6、ワイパー動かし、7、ガタガタ道を運行します。

8、赤ちゃんが、泣いて、9、あやされて、泣きやみ。

午後2時から、図書館で、行われるコンサートで、この本の歌を、聞く予定です。
(1〜9の動きが、出来る(^_^)v)

裏表紙に、楽譜が書いてあり、一見歌えそうですが、この本を楽しみながら、4歳くらいの子どもに、見せるだけで、精一杯でした。

でも、楽しい本なのです。
我が家では、何度も読み聞かせ、仕掛けを楽しみ(子どもが自分でやりたがる(ToT)→壊れる)、2冊ボツにしました。

是非、『ギャロップ』の出版社さん、日本語版の出版お願いします。
ついでに、子どもの歌番組とタイアップしたり、CD付けないと、歌わないかな?
細工は、不思議だし、何か所もあり、結構高額になるかもしれませんが、こんな本が、プレゼントだと、私は、うれしいです。
(アサリちゃ〜んさん 40代・ママ 男の子15歳、女の子8歳)

出版社おすすめ




体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

The Wheels on the Bus

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット