だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
選ばなかった冒険―光の石の伝説(偕成社文庫)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

選ばなかった冒険―光の石の伝説(偕成社文庫)

作・絵: 岡田 淳
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥700 +税

「選ばなかった冒険―光の石の伝説(偕成社文庫)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年11月
ISBN: 9784036526703

小学中学年から
19cm×13cm・353ページ

出版社からの紹介

学とあかりはRPGゲーム「光の石の伝説」の中に入り込んでしまった。ゲームをクリアしないと抜け出せない!

選ばなかった冒険―光の石の伝説(偕成社文庫)

ベストレビュー

ひきこまれる!!

この本は14、5年程前に私自身が読みました。

当時の感動は細かく思い出せませんが、
ただ、感動と言うよりも衝撃といった方が正しかった気がします。

ストーリーは子供も入り込み易い、ゲームを基盤とした世界観なので、堅苦しい本が苦手な子供でも読み易いかと思います。

どう考えてもフィクションだとわかるのに、次の展開の結果を知るのが怖くて、ハラハラして、でも知りたくて。
個性豊かな登場人物達の必死に突き進む姿が、格好良くもあり、切なくもありました。

最終的にはたった一人残された少女はある決断をしなくてはなりません。
そこまで来るともうなんだか悲しいような怖いような気持ちでいっぱいでした。

読み終えた後はどっと脱力しました。
その後、何カ月間もずっとその本のことばかり考えていた気がします。
「小説の後、登場人物達はどうしたのだろう」
「もしあの瞬間、あの行動をとらなければ、いったいどういう未来になっていたのだろう」
「自分ならどんな決断をするのだろう」
などとばかり思考していました。

また、登場人物達は強い絆で結ばれているのですが、友情というよりも仲間といった感じでした。

自分の安穏とした日常と比較したりしながら多くのことを子供ながらに考えることができ、最高の本でした!!

私は今でも大好きで読み返しています。
大人の方も是非、手に取って見て下さい。
(ポポラーレさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路 / こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー



ねえ、「コワイ」って、もってる?

選ばなかった冒険―光の石の伝説(偕成社文庫)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット