たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
【ノラネコぐんだんグッズがいっぱい!】kodomoe shop in EhonNaviがオープン♪
アヤカシ薬局閉店セール(偕成社おはなしポケット)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アヤカシ薬局閉店セール(偕成社おはなしポケット)

  • 児童書
作: 伊藤 充子
絵: いづの かじ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2010年11月
ISBN: 9784035011101

小学中学年から

みどころ

さくらさんという名前のおばあさんがひとりで営んでいる、並木通りの「アカシヤ薬局」。
近くにドラッグストアができてからは、ぱったり客足が途絶えています。
「あたしはもう、じゅうぶん働いた! 明日から閉店セールをするよ」
店をたたむ決意を固めて、店先に閉店セールを知らせるポスターを貼ったさくらさん。
しかし、思わぬ横やりが入ります。
「それじゃ、宣伝不足ですよ」
口を出してきたのはなんと、名前をつけて店に置いておいた、招き猫のフクノ介!
「招き猫がえらそうに! そもそもあんたがお客を招かないせいじゃないか」
さくらさんにそう言われたフクノ介は、閉店セールを宣伝するためにチラシを作ります。
そのかいあって、アカシヤ薬局にさっそくお客さんが!

ところが……
現れたお客さんは、なんと妖怪だったのです!
よくよく見れば、フクノ介が作ったチラシは、「アカシヤ薬局」を「アヤカシ薬局(ばけもの薬局)」と書きまちがえているではありませんか。
そのせいで、やってくるお客はアヤカシばかり。
なぜだか湿布を買い占めてゆく、子どもを食べるという恐ろしい鬼
お母さんのなくした『かくれみの』探しに奔走中の、花粉症に悩むカラス天狗の兄弟。
街中でゆき倒れていたのは、原因不明の目の痛みをうったえる河童。
アヤカシたちの引き起こす様々な事件や、わがままにふりまわされて、アカシヤ薬局の閉店セールは大忙し!
アヤカシのための薬局とはありがたいと、騒動のたびに店をつづけるようたのまれるさくらさんでしたが、決してとりあってはくれません。
「とんでもない、あたしはもうじゅうぶんはたらいた。あとは気ままにくらすよ」

みどころはなんといっても、個性豊かな登場人物たち!
ひとくせもふたくせもあるアヤカシたちはもちろんのこと、主人公であるさくらさんのキャラクターがとても魅力的です。
さくらさんは、ドケチで、ちょっと怒りっぽくて、人付き合いが苦手。おまけにとても、くいしんぼう。
悲しい気持ちになると、決まって屋根の上にのぼり、空を見上げるという、なんともかわいらしいところもあって――
やさしくて、かしこくて、たよりがいのある、いわゆる「おばあちゃん」的なキャラクターとは一線を画しています。
そして、生真面目で少し臆病な、しゃべる招き猫のフクノ介。
さくらさんとフクノ介による名コンビのにぎやかな活躍は、この一冊を読み終えてしまうのがもったいないと感じさせてくれるほど。
それでも、やがて閉店セールは終わりに近づき、別れのときはおとずれます。
アヤカシたちは薬局を続けてほしいけど、当のさくらさんはやっぱり、もう働くのをやめて気ままにくらしたい……
みんながしあわせになる結末はあるのでしょうか?
不思議な薬局で巻き起こる、アヤカシたちの珍騒動!

(堀井拓馬  小説家)

アヤカシ薬局閉店セール(偕成社おはなしポケット)

出版社からの紹介

アカシヤ薬局のサクラさんのところにきた招き猫のはたらきで、アカシヤ薬局はアヤカシ薬局として大繁盛。

ベストレビュー

アヤカシが通う薬局

小学校中学年向けとあり、今まで読んだ中で一番長い本でした。
数日かけて読んだ母に対し、息子は夢中で2日で読み終わりました。
おもしろくていっぱい読んだそうです^^

最近すっかりお客が減ってしまったアカシヤ薬局が閉店セールを行うのですが・・・
宣伝のチラシでは「アカシヤ」ではなく「アヤカシ」つまり「ばけもの薬局」と書いちゃって、来る客来る客ばけものばかりというおもしろいお話でした。
ケチなさくらさんとお供のフクノ介と味のある化け物たちのやりとりがなんだかおもしろく暖かくて、中には切ないお話もあり、1冊でものすごく満足できる本でした。
(Yuayaさん 20代・ママ 男の子8歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

伊藤 充子さんのその他の作品

ほっとい亭のフクミミちゃん / てんぐのそばや 本日開店 / クリーニングやさんのふしぎなカレンダー

いづの かじさんのその他の作品

ねこの風つくり工場 まるタンクとパイプのひみつ / ねこの風つくり工場 工場見学のお客さま / ねこの風つくり工場



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

アヤカシ薬局閉店セール(偕成社おはなしポケット)

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4



全ページためしよみ
年齢別絵本セット