十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ゆめのおはなしきいてェなあ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆめのおはなしきいてェなあ

作: 吉村 敬子
絵: 佐々木 麻こ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

「ゆめのおはなしきいてェなあ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年10月
ISBN: 9784034300206

小学初級から
22cm×21cm/46ページ

出版社からの紹介

手足に障害をもつ著者が、夢の中で男の子と出会い、手のこと足のことを語りあう絵本。障害とは何か、問いかける感動深い絵本です。

ベストレビュー

夢のおはなしが みんなに届くと良いなあ〜

作者の吉村敬子さんは 先天性脳性麻痺で手足に障害を持っています
彼女が 夢の中で男の子と会話したことが 今江祥智さんとの出会いでこの絵本が生まれました

ゆうべ ゆめみてん  ものすごく けったいなゆめやねん
こんなはじまりで  手書きです
ふつうの男の子はわたしらとははなしてくれへんのに  なんでか知らんけど いろんなこときいてきやってん(関西弁です)

おとこのこは なんでそんな 車いすにのっているのんや?てききました 
敬子さんは 「あんたらなんで立ってんの?」

歩くって・・・・ 二本の足で歩くって どういうかんじやのん?」そうたずねられて
答えられなかった男の子に対して   敬子さんは 地球のマグマのことを話すのです
会話がおもしろいです
そして 小さな花をとろうとして 車いすごとこけてしまうのです
自分の手で摘みたかった花   この意志の強さに感動します
夢の話ですが   本当にいろんな人と話がしたい 彼女の本心が伝わります
正夢になあれ

障害を持つ人の気持ちを どれだけ理解してあげれるか
みんなが 幸せに暮らせる世の中になあれと 願わずにおれません
今江さんは挿絵を描いてくださった佐々木麻こさんとの出会いのことも書いておられます
なかなか かわいく おもしろい絵です  子ども心をくすぐるような
皆さんも読んでみてください
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉村 敬子さんのその他の作品

ななしのごんべさん / あつおのぼうけん / わたしいややねん



葉祥明さんの描く不朽の名作

ゆめのおはなしきいてェなあ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット