しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 田中 清代
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784895881234

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


宮沢賢治の絵本アワード2015


宮沢賢治絵本シリーズ レビュー大募集!


編集者松田素子さんインタビュー

出版社からの紹介

「ベゴ」という名前は、稜のある石どもがつけた名前だ。石どもは、退屈な日には、みんなでベゴ石を、からかって遊んでいた。石どもばかりではない。くうんくうんと飛んできた蚊までもが、「どうも、この野原には、むだなものが沢山あっていかんな。たとえば、このベゴ石のようなものだ。ベゴ石のごときは、何のやくにもたたない。」 と馬鹿にするのだ。ところが、ある日のこと…… “内に光るもの”をもつものは、いずれその光を発揮する……。やわらかく、芯のある銅版画で田中清代さんが絵本化。
【著者プロフィール】 田中清代 1972年、神奈川県生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。油絵と版画を学ぶ。1995年ボローニャ国際絵本原画展ユニセフ賞受賞。1996年同展入選。
1997年「みずたまのチワワ」(井上荒野/文 福音館書店)で絵本作家としてデビュー。主な作品に「トマトさん」(福音館書店)「おきにいり」(ひさかたチャイルド)「おばけがこわいことこちゃん」(ビリケン出版)「ねえ だっこして」(竹下文子/文 金の星社)「いってかえって星から星へ」(さとうさとる/文 ビリケン出版)「ひみつのカレーライス」(井上荒野/作 アリス館)「白鳥の湖」(石津ちひろ/文 講談社)「どんぐり、あつまれ!」(さとうさとる/文 あかね書房)「小さいイーダちゃんの花」(アンデルセン/原作 フレーベル館)などがある。

宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾

ベストレビュー

火山弾たちの表情がいい!

田中清代さんの描かれた“火山弾”良かったです。
模様とか、それぞれの火山弾に描きこまれたイメージの目とか口とか…。
すごくさりげなくて、それでいてしっかりと表情がつかめていて、それぞれの火山たちの個性が見えて面白いな〜と、思いました。

宮沢賢治はこの作品の最後に「ベコ」と呼ばれ、バカにされ続けてて立火山弾に
「私どもは実は、自分でできることをしなければなりません」と言わせています。
他の宮沢作品でも、似た方はセリフが時々出てきますよね?
これは宮沢賢治が常日頃思っている“生き方”なのかな〜と、感じました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長 / ますむらひろし版 宮沢賢治童話集「やまなし/ひかりの素足」

田中 清代さんのその他の作品

うおいちば / みつけたよ さわったよ にわのむし / ゆきひらの話 / 長ぐつをはいたネコ / 日本語を味わう名詩入門(8) 高村光太郎 / みつこととかげ



葉祥明さんの描く不朽の名作

宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット