大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
紙芝居 さるかにがっせん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 さるかにがっせん

作: 長崎 源之助
絵: 若菜珪
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,748 +税

「紙芝居 さるかにがっせん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

さるさん、早く柿をとってよ、とかにがたのみましたが、さるは自分ばかり食べてしまって、最後に青い柿を投げつけ・・・

ベストレビュー

3歳の息子がひきつけられた作品

息子は、今までむかしばなしの絵本を読んでもあまり喜んでいない
感じでしたが、このさるかにがっせんは、紙芝居のカバーの絵を
見ただけで、面白そうだと言って、読んでほしいとせがんできました。

3歳の息子でもひきつけてしまう、若菜珪さんの絵は素晴らしい
なあと感心しました。

お話を進めていくうちに、かにが歌を歌うところが面白かった
ようで、息子は一生懸命紙芝居を見ていました。
かにがサルに柿をぶつけられて、死んでしまいますが
まだ3歳児には、よくわからなかったようで、『かにさん
割れちゃったね〜。小さいかにさん一杯出てきた。』と
驚いていました。

臼とはちと栗と牛の糞と子がにと針が、サルの家にかくれる
ところで、家の中のどこにみんながかくれているかを、
クイズのように進めていくので、息子は嬉しそうに『くりは
ここにいるよ〜。』と指をさしていました。

読み終わってからも、息子は『面白かった〜面白かった〜!』と
喜んでいました。

文を書かれた長崎源之助さんの作品の紹介が載っていましたが
「あほうの星」「ゲンのいた谷」「ヒョコタンの山羊」など
書かれているそうです。私は「えんぴつびな」しか読んだことが
無かったので、他の作品も読んでみたくなりました。

息子のお気に入りの若菜珪さんの他の作品も見てみたいです。
(ぷりこさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

若菜珪さんのその他の作品

わかがえりのみず / つるのおんがえし / うみにぽっかりくじらじま / とんでけとんでけわがままむし / ガツーンとぶつかるはなし / マーリャンとまほうのふで



ねえ、「コワイ」って、もってる?

紙芝居 さるかにがっせん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット