みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
和菓子の絵本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

和菓子の絵本

  • 絵本
作・絵: 平野 恵理子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「和菓子の絵本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784751525388

小学校中学年〜
20.5×21.3cm
36ページ

大人 編集部おすすめ

出版社からの紹介

濃いめのお茶でも飲みながら・・・

四季折々の季節感をとりいれて、日本人がつくりだしてきた和菓子。その魅力をぞんぶんに味わえる1冊です。

まんじゅうやあんこ菓子など77種の和菓子の紹介、材料や道具、
おはぎの作り方・どら焼きの作り方、和菓子の歴史まで盛り込んだ知識の絵本。


和菓子の絵本

ベストレビュー

表紙からしておいしそう

表紙からしてとてもおいしそうと思いました。

改めて和菓子を見るととても繊細で季節感がありきれいなものが多いです。

平野恵理子さんといえば『ひらく』という絵本もあったなあと、この絵本を読んで思い出しました。

どの和菓子も好きですが、やはりあんこが魅力かな。母がよくおはぎやおまんじゅうを手作りしてくれたのを思い出します。

あんこものだけではなくて、母がよく買ってくれたそばぼうろだとか、和三盆のほのかな甘みも捨てがたいと、見ているうちにお菓子にまつわる思い出まで蘇ってきました。

作り方も載っているので、料理大好きな息子と手作りしてみたいなあと思いました。

こういう絵本を見ると、日本の良さを再発見できる気がします。

おいしいものがたくさんある日本に生まれてよかったです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


平野 恵理子さんのその他の作品

ごはん / おひなまつりの ちらしずし / ボクがつくった世界のおやつどうぞ! / ぐるぐるわわわ / しましま みつけた / たたんで むすんで ぬのあそび



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

和菓子の絵本

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット