ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
おでんわるるる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おでんわるるる

  • 絵本
作: 櫻井あさを
絵: いもと ようこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1980年10月
ISBN: 9784333003914

3歳から

出版社からの紹介

こねこのちゃっくの家に電話がひけました。うれしくてうれしくて、ちゃっくはさっそく、家の電話番号を紙に書いて紙飛行機にし、森じゅうに飛ばします。すると、リーン、リーン。カエルのお母さんや、子ネズミのお友だちなどから、たくさんの電話がかかってきて、ちゃっくは大喜び。夜になって、ようやく電話は鳴らなくなりました。ちゃっくがぐっすり寝ていると、また、チリリリと、小さな音で電話が鳴り出しました。ちゃっくが電話に出てみると…。

ポイント
・夢を育むメルヘン絵本。
・こねこのちゃっくの愛らしさに、笑みがこぼれます。
・あたたかい人とのつながりを伝えます。

編集者から
携帯電話の普及で、最近は自宅に電話をひかない家庭もあるようです。四半世紀以上前に発刊された時、まさか電話が個人個人の携帯になるとは想像もできませんでした。この絵本は、ちょっと時代遅れと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、今でも、電話(携帯電話も含めて)は、人と人とをつなげる大切な役割を担っています。メールにはない声のやりとりが、お互いの心をつなげていきます。チャックが電話をもらってうれしかったのは、相手の声と一緒にあたたかな心も伝わってきたからかもしれませんね。

おでんわるるる

おでんわるるる

ベストレビュー

夢のような素敵な気分に

子どもの時、電話がつながると、いろいろなお友達と話ができてドキドキわくわくしました。チャックが紙飛行機で電話番号を飛ばすところや、お星さまと電話しているところは夢のような世界観が広がり、素敵でした。何度も読み返したくなるお話でした。
(morimoriさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

どんぐりと山猫 / たんぽぽのおかあさん / イソップどうわ / ラプンツェル / 3びきのこねこ / ピノキオ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おでんわるるる

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット