雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ジム・ボタンのたびだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジム・ボタンのたびだち

絵: マティアス・ヴェーバー
訳: 酒作進一
原作: ミヒャエル・エンデ
再話: ベアーテ・デリング
原作挿絵: F・J・トリップ
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ジム・ボタンのたびだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784860954321

B5変・上製・25P

出版社からの紹介

赤ん坊のときに、小さな島国フクラム国へやってきたジム・ボタンは、すくすくとそだちました。
ジムが一人前になるのもちかいある日、フクラム国の王さまは、大きな決断をします。
機関車のエマを処分するというのです。ジムの大の仲良し、機関士のルーカスは悩み、
エマといっしょに島をでることにします。それをきいたジム・ボタンは…。ジム・ボタンのたびだちの物語。


ジム・ボタンのたびだち

ベストレビュー

切ない

汽車がすきなので息子が表紙だけをみて
借りて欲しいというので借りました。
漢字もところどころある絵本なので
もう少し大きな子向けかなと思います。

内容もえ〜〜〜!!!です。

もうどうして一緒に出ていくのか
私はどうしても納得出来ません。

王様もおばさんも絶対悲しくて
受け止められないと思います。

(たみのかさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミヒャエル・エンデさんのその他の作品

魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / はだかのサイ / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / ジム・ボタンがやってきた / 影の縫製機



SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

ジム・ボタンのたびだち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット