もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
びょうきからまもってくれるたべもの―みどりのえいようのなかまたち―
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

びょうきからまもってくれるたべもの―みどりのえいようのなかまたち―

作: 吉田隆子
絵: せべ まさゆき
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年04月
ISBN: 9784323030036

幼児
【サイズ】 27.5×23.7cm 【ページ】 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

野菜や果物、海藻など、体調を整える食べ物を紹介。“旬”の感覚を大切に、季節を追って、食べ物の成り立ちを楽しく伝えます。みどりのげんきッズがみどりのくにへご案内!

ベストレビュー

好き嫌いに。

葉物野菜が苦手な子どもに、と思って読みました。
子どもって意外と、「この野菜は、風邪を予防する」「この食べ物が骨を強くする」と聞くと、頑張って食べようとしたりします。

親が言うよりも、絵本に書いてあるとより効果的、というわけで、この絵本を借りてみました。

「みどり」のなかまに分類されるのは、野菜、果物、海藻、きのこだそうです。
4つの分類があるそうですが、うちはこのシリーズではこれが初めての絵本ということもあり、「人参がみどりなの?」「きのこのどこがみどりなの?」とちょっと戸惑っていました。

春夏秋冬にわけ、食物を紹介しています。
が、どうして病気から守ってくれるのか、というあたりは強調されていなかったので、楽しく野菜を見て終わってしまいました。

ただ、「さっき大根たべた!」「私、きのこ食べれるよ!」など、実際の食事と結びついて考えられていたので、そういう点では良かったと思います。
(solicaさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

吉田隆子さんのその他の作品

おいしいあじのおてつだい―しろいえいようのなかまたち― / つよいちからがでるたべもの―きいろいえいようのなかまたち― / じょうぶなからだをつくるたべもの―あかいえいようのなかまたち― / たべるのだいすき!―みんなげんき― / たからものはなあに? しょくいくランドの / げんきをつくる食育えほん 全5巻

せべ まさゆきさんのその他の作品

おへんじ してね / さがしてみつけてぜんぶ100(5巻セット) / さがしてみよう おさるが100ぴき / ぶりっぺ すかっぺ / にらめっこ / いちねんめいろ



オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

びょうきからまもってくれるたべもの―みどりのえいようのなかまたち―

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット