ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ひぐれのラッパ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひぐれのラッパ

作: 安房 直子
絵: MICAO
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784834025781

ページ数: 232 サイズ: 19X14cm

出版社からの紹介

美しい挿画でも好評の『ひぐれのお客』につづく、安房直子短篇集の最終巻。とうふ屋さんが死者である子どもたちと出会う表題作ほか、日常のちょっとした裂け目に、異世界へのとびらが「くらん」とひらく全七篇。解説:神宮輝夫。

ベストレビュー

現実と異空間の狭間で・・・

「ひぐれのお客」に続き
とても楽しみに・・・

う〜ん・・・

やっぱり、不思議です
現実の世界とメルヘン?ではないな・・・
異なる世界との境界を
行ったり来たりしている感覚

宮澤賢治の世界観とも似ているのでしょうか

猫やねずみ、うさぎ・・・
そして灰色の子ども達
その
出逢いが自然で
主人公の気持ちにも共感出来るような
でも、出来ないような・・・
やっぱり、人間はずるいような
愚かなような・・・

刺繍がまた素敵なんですよ

読後、すっきりではなく
なんか後ろ髪を引かれる作品ばかりです

是非、思春期から大人の方に
読んでいただきたく思いました
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!

安房 直子さんのその他の作品

だんまりうさぎとおほしさま / やさしいたんぽぽ / だんまりうさぎときいろいかさ / 銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ

MICAOさんのその他の作品

リンリンちゃんとワンゴ天才発明会社 / ひぐれのお客



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

ひぐれのラッパ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット