おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
ぶたばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぶたばあちゃん

  • 絵本
作: マーガレット・ワイルド
絵: ロン・ブルックス
訳: 今村 葦子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1995年
ISBN: 9784751514450

10〜11歳 編集部おすすめ

おはなし

 ぶたばあちゃんと孫むすめは、ずっと長い間、一緒に暮らしてきました。二人は何もかも、仕事まで分け合っていました。孫娘は朝ごはんを作り、ばあちゃんは昼ごはん。そして、晩ごはんは一緒にしたくをしました。
 でも、ある朝、ぶたばあちゃんは、普段どおり起きてきませんでした。「なんだか、くたびれちまって」と、ばあちゃん。そんなこと今までなかったのに。孫むすめが朝ごはんを運んできたときも、お昼ごはんのときも、晩ごはんのときも、ばあちゃんは眠り続けました。そして次の朝、ばあちゃんはまだ直っていないのに起きてきて言いました。「今日は、忙しくなるよ。わたしはしたくをするんだからね」。「何のしたく?」と孫むすめが聞いてもばあちゃんは返事をせず、出かけて行きました。

みどころ

 ぶたばあちゃんと孫むすめのさよならの日々をつづった、心あたたまるオーストラリアの絵本。愛らしいブタというキャラクターが、「死」という重いテーマをポジティブに描きます。
 生きること、愛すること、与えること、受けること――。逝きつつあるぶたばあちゃんと、今を生きる孫むすめのやさしい笑顔が、「生」の喜びをそのまま伝えます。二人で過ごす最後の日々は流れるように過ぎていき、読者の心を大きく揺さぶることでしょう。淡い水彩画が、軽やかに、かつ、しっとりと生きる喜びを描き、さわやかな印象を与えます。真実を示す美しい絵本です。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

死を予感して、したくをはじめるぶたばあちゃんと、悲しみをこらえて寄り添う孫娘。ふたりの生と死の受けいれ方を描く。

ベストレビュー

私のナンバーワンブック

 この本は私のナンバーワンブックです。
全くの私事ですが、亡き母とぶたばあちゃんを重ねているのです。
 次男は「この本を読むとおばあちゃんを思い出す。。。」としんみり言いました。

 死を悟り、孫娘に静かに暖かくお別れをするぶたばあちゃん。そのお別れを、小さい胸を痛めながらも懸命に受け止める孫娘。何度読んでも号泣してしまいます。絵の素敵さも胸にしみてきます。

 小学校での読み聞かせでは高学年に読んでいます。何かしら感じてくれるものがあると信じて、丁寧に読んでいます。
(あすぱらこーんさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ワイルドさんのその他の作品

ライオンのひみつ / さよならをいえるまで / だいすき、パパ! / だいすき、ママ! / ちゅっ、ちゅっ! / キツネ

ロン・ブルックスさんのその他の作品

ティモシーとおじいちゃん / まっくろけのまよなかネコよおはいり / くまさんとことりちゃん

今村 葦子さんのその他の作品

なきむしこぞう / ひとりたりない / くんくまくんとおやすみなさい / くんくまくんとバケツおに / こぎつねキッペのふゆのうた / トゲトゲぼうや



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

ぶたばあちゃん

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット