メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おきゃく、おことわり?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おきゃく、おことわり?

  • 絵本
文: ボニー・ベッカー
絵: ケイディ ・マクドナルド ・デントン
訳: 横山 和江
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「おきゃく、おことわり?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年09月30日
ISBN: 9784265068296

5、6歳〜小学校低学年向け
B4変型判 25.0×18.0cm 56頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

森のなかにすむクマは、おきゃくがすきではありません。ところがある日ネズミが1ぴきやってきて、クマの家は大さわぎ!思わず笑いがこみあげる、読み聞かせにも最適絵本。


おきゃく、おことわり?

ベストレビュー

心のどこかで、ホントは待っていたのかな

物語の始まりはちょっと切ないのです。
長い間誰も家に来てくれず「おきゃくなんてすきじゃない」と思ったクマが、
ドアに「おきゃくおことわり」の張り紙を貼った、というのですから。
ところがある日、ネズミがやってきて、
クマが何度追い返しても、
いつの間に忍び込んでは、部屋のそこここから現れて・・・。

クマとネズミの愉快な応酬に、息子達は大喜び。
怒られたネズミが、素直に謝って帰ったかと思ったら、
またいけしゃあしゃあと現れるのが痛快だったようです。
ページをめくる度に、どちらが先にネズミをみつけるか、競争していました!

私は、後半、クマの表情が次第に柔らかくなっていくのを追うのが嬉しかったです。
ネズミはよく粘ったなぁ!
張り紙を見て、なんとなく放っておけなかったのかしら。
クマも、心のどこかで、ホントは誰かを待っていたのかな。

クマとネズミの豊かな表情や、センスの良いクマのお部屋が優しい色合いで描かれている絵も魅力的。
大き目の絵本で見やすく、お話会でも楽しそうですが
個人的にはおうちでゆったり読むのがおすすめです。
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ボニー・ベッカーさんのその他の作品

おみまい、おことわり? / おたんじょうび、おことわり? / おとまり、おことわり?

ケイディ ・マクドナルド ・デントンさんのその他の作品

しゃっくり 1かい 1びょうかん

横山 和江さんのその他の作品

次元を超えた探しもの アルビーのバナナ量子論 / ノラのボクが、家ネコになるまで / とびきりおいしいデザート / サラとダックン ゆうえんちにいく! / わたしの心のなか / サラとダックン なにになりたい?



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おきゃく、おことわり?

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット