新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
話題
ぷっくり ぽっこり

ぷっくり ぽっこり(偕成社)

じわじわ売れています! 新感覚の赤ちゃん絵本!

  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ますだくんとまいごのみほちゃん

ますだくんとまいごのみほちゃん

  • 絵本
作・絵: 武田 美穂
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1997年12月
ISBN: 9784591055199

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おかあさんとの約束をやぶってしまい、まいごになってしまったみほちゃん。しらない町は、なんだかおばけの町みたいです−−。

ベストレビュー

長女の生活とダブります・・・

長女が1年生になってしばらくして学校の図書館から借りてきました。保育園ではなかったこの手の絵本。マンガっぽいこういうのを好むようになったんだなぁ〜とちょっぴり淋しく思ったのもつかの間、親の私もこの絵のかわいさ&ストーリーにすっかりハマリました!題名をよく見ると「ますだくんと・・・?!」10年ぐらい前に話題になった「となりのせきのますだくん」のシリーズなんだと読んでしばらくしてから気づきました。10年前は、こんな私もギャル(?)していたので手にとる事もなかったのですが、今では長女がますだくん達と同年代ということもあり、彼らにすっかり親しみを感じています。長女はみほちゃんとは逆のタイプの行動派の野生児(ようこちゃんタイプ?またちょっと違うような・・・)なので、1年生になって行動範囲が広がってすごく心配していました。でも思い出してみると、私も小学生の時は心配性の親には内緒で、遠くの大きな公園や友達の家、山へ基地を作りに行ったりと、どんどん行動範囲を広げていったものです(そういえばようこちゃんと一緒で家出もしたっけ。祖父母宅にだけど・・・)。長女は迷子になってもどうにかして自力で帰ってくるタイプですが(でも事故や誘拐が心配・・・)、ますだくんやみほちゃん、ようこちゃんみたいなたくさんの仲間を作ってお互い協力して楽しい小学校生活を送って欲しいな・・・って思います。小学生の目線で描かれた「ますだくんシリーズ」は小学生低学年のお子さんに特にお勧めです。
我が家は逆になったけれど、やっぱり「となりのせきのますだくん」から読んだほうがわかりやすいと思います。
(かのんママさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
1,540円
1,540円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
27,500円
462円
1,650円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ますだくんとまいごのみほちゃん

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら