まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
よくばりすぎたねこ 新装版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よくばりすぎたねこ 新装版

  • 絵本
作・絵: さとう わきこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年03月
ISBN: 9784569683898

幼年・小学初級
B5判変型上製 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あるひのこと、ねこがひよこをみつけました。ねこはえさをまいて、ひよこをとらえることができました。さっそく、たべようとしたのですが、そこで、ふとかんがえました。

「ひよこを おおきくして たべたら いいじゃないか そうしよう」。でも、もうすこしまてば、とかんがえをあらためました。「たまごを うむまで まったって いいじゃないか」。さらに、もっとかんがえました。もっとまてば、「たまごを いっぱい うむよ。その たまごから ひよこが かえる」。さらにさらに、もっとまてばとかんがえました。「ひよこを おおきくしてからだって おそくないじゃないか。そうしたら おおきな とりの まるやきを いっぱい たべられる」。

それから、ねこは、ひよこをせっせと、そだてはじめました。……あるひ、とりは、はねを、ばたばたさせると、ねこをおきざりにして、あっというまにそらへ、とんでいってしまいました。

ベストレビュー

本当です!!

このお話の猫は鶏をたくさん食べたくって一生懸命育てていたのですが・・・・結果は残念ながら逃げられていました!うちの子はその様子を見て、「欲張るからだよ!!」って威張って言っていました!でも、どうやったらいっぱい食べれるか想像している猫がとってもかわいいなって私は思ってみていました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さとう わきこさんのその他の作品

ばばばあちゃんの クリスマスかざり / あめのち ゆうやけ せんたくかあちゃん / うみのおまつりどどんとせ / 復刊絵本セレクション 3 たぬきがいっぱい / のいちごつみ ばばばあちゃんのおはなし / ばばばあちゃんのおりょうりセット(全6巻セット)



「ももちゃん はなちゃん」シリーズ <br>つちだよしはるさんインタビュー

よくばりすぎたねこ 新装版

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット