もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
エルマーとサンタさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

エルマーとサンタさん

  • 絵本
作・絵: デビッド・マッキー
訳: きたむら さとし
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784776404309

23×20cm 25頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大人気「ぞうのエルマー」シリーズに、クリスマス本が登場!
もうすぐクリスマス、みんなは準備におおいそがし。
サンタさんの姿を見てみたい、そんな子ぞうたちの夢をかなえようとエルマーは……。

ベストレビュー

ゾウの世界では、サンタもゾウ

クリスマス前だったこともあり、「サンタさん」の文字にひかれ、手にとった絵本です。
ぞうの世界では、サンタさんもぞうなのねっていうのが、まず、私の驚きでしたが、読み始めて一番最初の息子の質問は、
「なぜ、このぞうさんは、こんな色になっちゃったの?」
でした。
たしかにエルマーといえば、もうこの色と思っていたけれど、なぜこの色なのか?シリーズもののお話は最初から読まないといけませんね。

で、エルマーとサンタさん、お話としては、とりたてて、おおおお!というものではありませんでした。
サンタさんの姿をひとめ見たい子ぞうたちが、こっそり隠れてみることに。そこへサンタのぞうがやってきて(しかも、ぞうがトナカイのソリに乗ってくるってどう?)その様子を見た子ぞうたちが喜ぶ、と。
やっぱり、私と同じく、サンタさんがぞうだと、何かピンと来なかったみたい。息子のウケは今ひとつでした。
(たかくんママさん 30代・ママ 女の子11歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デビッド・マッキーさんのその他の作品

エルマー はやいのはだれ? / エルマーのはじめてのかずのほん / エルマーのはんたいことば / かたぬきフェルトしかけえほん ぞうのエルマー ジャングルのともだち / メルリック 〜まほうをなくした まほうつかい〜 / エルマーと100さいのたんじょうび

きたむら さとしさんのその他の作品

キョウリュウがほしい / なるほど! お金のはなし / ぼくとテスの秘密の七日間 / おばあちゃんは大どろぼう?! / ポットさんのぼうし / わたしのゆたんぽ



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

エルマーとサンタさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット