ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
幽霊屋敷貸します
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

幽霊屋敷貸します

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: 篠崎 三朗
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「幽霊屋敷貸します」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年07月20日
ISBN: 9784406028264

小学校高学年〜中学生向き
190P

出版社からの紹介

季子たち一家が引っ越した庭付きのお屋敷。そこへおばさんの幽霊が現れ、この家に住みたければ自分が出す三つの試験にパスすることだという――。やがて明らかになったおばさん幽霊の本当の願いは家族と自分の絆を取りもどすことだった――。

ベストレビュー

涙が出ました。

私は、子供の頃から幽霊、お化け、妖怪が出てくる本が大好きでした。今でも好きでよく娘と読んでいます。この本も、背中がゾクゾクするような幽霊が出てくるのでは、と思い読んでみたら、始めは主人公の季子ちゃんと一緒になって謎解きにワクワクしていましたが、最後の方で涙が出てしまいました。江田さんもトムくんも、そしてポウおばさんもずーっと辛い思いをしてきたんですね。お互いの誤解がとけ、ポウおばさんはみんなに感謝のきもちを伝え、行くべきところに行きました。
 心がほっこりした幽霊本でした。
(ずくぼんじょさん 40代・ママ 女の子9歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / サラとピンキー パリへ行く / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ / 天の川のラーメン屋 / シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / もとこども

篠崎 三朗さんのその他の作品

ツバメのおんがえし / 戦争と平和のものがたり(4) ヒロシマの歌 / りんごの花がさいていた / 大久保利通 / TOKYOステーション・キッド / 世の中への扉 福島きぼう日記



おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

幽霊屋敷貸します

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット