もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ポッチのかんがえてること
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポッチのかんがえてること

  • 絵本
作・絵: 牛窪良太
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784774611815

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

イヌのポッチは12歳。ぼくは人間の7歳。
ぼくとポッチはいつも一緒。
僕が嫌な気持のときも、ポッチのぶんぶんとふられるしっぽは
僕の嫌な気持をけしてくれる。

黒い目でぼくだけを見つめてる時、公園でイヌ友だちにあった時、
年老いて階段がのぼれなくなってきた時、ポッチはなにを考えてるのかな?

・・・少年とイヌのポッチの宝物のような日々。
少年はイヌのポッチの考えていることに想いを巡らせます。

イヌの視点で考えることのできる絵本の登場です。


ポッチのかんがえてること

ベストレビュー

このような絵本に出会ったのは初めてです!

”MOE”に紹介されていたので購入してみました。いろんなところにクスリと笑える仕掛けがあって(大人の方も楽しめると思います)、ストーリーもとても素敵です。「ヒロシマのおじいちゃんくらいおじいちゃん」で「オオサカのおばあちゃんくらい、としをとってる」、一匹のわんちゃんと男の子の交流が、わんちゃんの見ている世界を介して深まっていくのが感じられます。そのたびに繰り返される「いま、ポッチはなにかんがえてるのかな?」というフレーズに、ムスメもわんちゃんになったつもりで考えています。それと表紙カバーの裏にも、「ポッチのさんぽのちず」が描かれていて、彼女は大喜び。このような絵本に出会ったのは初めてです!
(チョコハニーさん 40代・その他の方 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


牛窪 良太さんのその他の作品

おさるのれっしゃ / おすしのうた / ガボンバのバット



2つの写真のまちがいをさがそう

ポッチのかんがえてること

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット