なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
かこさとし からだの本 (6) てとてとゆびと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かこさとし からだの本 (6) てとてとゆびと

  • 絵本
作・絵: かこ さとし
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「かこさとし からだの本 (6) てとてとゆびと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1977年07月
ISBN: 9784494009268

22.6×19.8cm
32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

意外な内容でしたがヨカッタ!

「てとてとゆびと」という題名からは意外な、
人類の進化のお話。

私たち人類の祖先が最初は四足で歩いていたこと。
二足歩行になり、手と指を使い、
刀をつくり、土器をつくり、
道具を作ってきたこと。

手と指を使えるようになるとともに、
脳も比例して大きくなり、
いろんなことができるようになったこと。

とっても分かりやすく描かれています。

私がかこさとしさんの絵本で気に入っているのは、
読者の子供たちに問いかけ、
語りかけて、絵本が進んでいくところ。

子供も一生懸命考えるし、理解しようとするし、
作者と、読み聞かせる親と、子供が一体となる手ごたえが
とっても伝わってきます。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

かこ さとしさんのその他の作品

こまったこぐま こまったこりす / あさですよ よるですよ / あかですよ あおですよ / コウノトリのコウちゃん / こどものとうひょうおとなのせんきょ / 世界の化学者12か月



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

かこさとし からだの本 (6) てとてとゆびと

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット