しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
ジェラルディンの きょうからおねえちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジェラルディンの きょうからおねえちゃん

作・絵: ホリー・ケラー
訳: eqPress
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年03月
ISBN: 9784337062337

幼児〜小学校低学年
24ページ

出版社からの紹介

赤ちゃんに皆がかまうので、ジェラルディンはおもしろくありません。新米おねえちゃんの心の成長をユーモアあふれる筆致で描く

ベストレビュー

やっぱりおねえちゃんfだね

弟のウィリーが生まれて家族中ウィリーに振り回されててんてこ舞いです。おねえちゃんになったジェラルディンは、自分のことが後回しになったり、朝ごはんだってお昼に思い出すくらいだからやっぱり面白くありません。いっくら忙しいといってもちょっとジェラルディンが気の毒になります。拗ねる気持ちがわかります。ジェラルディンがママのお化粧を使って口紅をつけたり、ママのお洋服を着ておしゃれしたりして娘たちを思い出してしまいました。弟をあやしてみると笑ったりしてとても愛くるしいウィリーに夢中になって一晩中付き合ってしまいました。おねえちゃんとしての自信もつけて子守をするのも楽しくなったジェラルディンはやっぱりおねえちゃんだと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ホリー・ケラーさんのその他の作品

みんなおおきくなるんだよ  / きいてみようしんぞうのおと / たべることはつながること / たすけて! / あっ! ゆきだ / ファルファリーナとマルセル

eqPressさんのその他の作品

ジェラルディンとおとうとウィリー



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

ジェラルディンの きょうからおねえちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット