もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
100円からできる国際協力1
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

100円からできる国際協力1


出版社: 汐文社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

何ができるのか

タイトルの「100円からできる…」に惹かれて読んでみました。

しばらくして、安易にいくらからできると考えてしまっていい内容なのかと考えました。

確かに、国際協力は大切なことだけれども、そして身近に感じることも大切だけれども。

内容的にはとてもまじめだし、いろいろな国で支援を待っている子どもたちの様子がわかりますし、具体的に日本円でいくらあればということも頭で描けるのです。

でも、何か引っかかるものを感じるもの確かで、知ることは第一歩だし、行動することも大事。

ただ、それを日本円でいくらかと換算するところに、豊かな国のおごりのようなものはないかとそこに引っかかりを感じたのでした。

もう一つ内容的なことで気になったのは、「最悪な労働をしている子ども」という表でした。

そこには「売春・ポルノ」「強制的な子ども兵」とあり、それも事実ではあるのですが、小学三年の息子にそこまでの事実を知らせるのは、ためらわれました。

結局読み聞かせはしてみたものの、そこの表は子どもには見せませんでした。

知るべきことが簡潔にわかりやすくまとめてある点は評価しつつも、やはり何かしら引っかかりを感じた本でした。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

100円からできる国際協力1

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット