クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
かげ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かげ

絵: スージー・リー
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784062830454

出版社からの紹介

かげって不思議。わたしが動くと、そのとおり動く。めちゃめちゃなものの組み合わせでも、ほかのなにかに見えたり。女の子が遊んでいると、いつの間にか、かげの世界にはいっちゃった――!
 女の子がかげと戯れるうちに、かげの世界にはいりこんでしまうというおはなし。文はほとんどなく、絵の表現でストーリーは進行していきます。「なみ」に続き、グラフィカルな魅力あふれる作品です。子どもが、かげに抱くイメージを、よく表現しています。

ベストレビュー

影という不思議な世界

2008年に、アメリカで刊行されるや、たちまち世界各国から、出版の申し込みが殺到したと言われる作品「なみ」の次回作品で2010年刊行。
原題は、「Shadow」
日本でも2010年の初版です。

「なみ」は、横長の変則型の絵本を横に開くことで、海を目一杯表現していましたが、今回も同じサイズ。
ただし違うのは、縦に開くということ。
文字のない絵本ということは、全く同じです。

上に現実の世界、下に影の世界を対比して描いています。
女の子が、手で鳩を形作ったり、オオカミの姿を演じたりして、影を楽しんでいるのですが、影の世界が段々と不思議に変化していくのです。

影の世界の色は、黒と黄のみ。
影と光の暗示でしょうか?
次第に下の影の世界が、上の現実の世界にまで侵入してきて、ページ全体が影の世界となり、女の子も自由自在に影の世界を楽しみます。

オチも中々の出来栄えで、影という不思議な世界が堪能できることでしょう。
「なみ」に劣らず、お洒落な絵本だと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

スージー・リーさんのその他の作品

このあかいえほんをひらいたら / なみ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

かげ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット