もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
熱気球はじめてものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

熱気球はじめてものがたり

作・絵: マージョリー・プライスマン
訳: 福本友美子
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「熱気球はじめてものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784577038154

小学校低学年から
31×21cm 34ページ

出版社からの紹介

動物を乗せた初の熱気球実験飛行を描いた絵本。無事着陸するまでの動物たちの挌闘振りが愉快。巻末には気球誕生の歴史を掲載。

ベストレビュー

見返しに描いてある「おまけ」のページがいい

この作者の「アップルパイをつくりましょ りょこうもいっしょにしちゃいましょ」がとても好きで、ほかにも邦訳されている絵本があるのを知って図書館で借りてきました。
モンゴルフィエ兄弟は実在の発明家です。
時は、17世紀のフランス。フランス革命がおこるほんの少し前にこんな大実験をルイ16世の前で行った発明家がいたんですね〜。
熱気球の絵本なのに、その時代に生きていた人たちの話だということに驚きました。
初めて大きい熱気球を空に飛ばしたこの実験の時は、この絵本で紹介している通り、アヒルとヒツジとオンドリ(なぜこの動物たちを選んだかは書いてありませんでした)が搭乗しました。

絵本を開くと始めのページにはやたら文字が並び、ずっとこの調子で解説が続くのかな〜と思いきや、
中身は気球にのせられた動物たちの行動をコミカルに描いた文字のほとんどないマンガのような作品でした。

わたしは本編そのものよりも、最後の見返しに描かれた「モンゴルフィエ兄弟の熱気球について」という、作者からのおまけのページのほうが楽しかったです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マージョリー・プライスマンさんのその他の作品

ケーキやさんのゆうれい / そんなこともあるかもね! / たいへんはがないの / ツィン!ツィン!ツィン!おたのしみのはじまりはじまり / なんでもひとつ

福本 友美子さんのその他の作品

どうなってるの? うちゅうとほし / はつめいだいすき / このほんをなめちゃダメ! / イースターの たまごの木 / ネルはいぬのめいたんてい / おさるのジョージ ほんやさんへいく



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

熱気球はじめてものがたり

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット