たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
おとこの子とおもっていた犬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとこの子とおもっていた犬

  • 児童書
作: コーラ・アネット
絵: ウォルター・ロレイン
訳: 光吉 夏弥
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ピーターは、たんじょうびにラルフという子犬をもらいました。とても喜んでいたけど、なんだかラルフはちょっとヘン……。そう、ラルフはずっと人間といっしょにいたので、自分は人間だと思いこんでいたのです! ピーターの家族は、ラルフが犬だということを、なんとか教えようとしますが……。

おとこの子とおもっていた犬

ベストレビュー

とってもコミカルなストーリー!

8歳の息子と一緒に読みました。

「おとこの子だとおもっていた犬」というタイトルから、
「メスなのにオスだと勘違いしていた犬の話し」だと勘違いしていた
私と息子。

なんと、「人間の男の子」だと勘違いしていた犬のお話だったんですね!

あまりに利口すぎて、
学校にも通うようになって
字も読めるようになったのがアダとなってしまった、
犬君にとってはなんだかカワイソウなお話ではありましたが、
最後は人間側も犬側もハッピーで終われた、
とてもコミカルで素敵な一冊でした。

字と字の間があいていて読みやすいし、
字と絵のバランスもちょうどよく、
幼年童話デビューの息子にもぴったりでした。
読み聞かせとして全部読んであげたものの、
自分でも全部自力で読めたんじゃないかなぁと思います。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

おとこの子とおもっていた犬

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット