おばけのてんぷら おばけのてんぷら おばけのてんぷらの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさこがごきげんでてんぷらをあげていると、においにさそわれた山のおばけが、そーっとしのびこんできました。さあ、たいへん!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
かみなりじいさんと ぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かみなりじいさんと ぼく

  • 絵本
作・絵: みぞぶちまさる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かみなりじいさんと ぼく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784061324411

読み聞かせ:3歳から ひとり読み:5歳から

出版社からの紹介

ゆうたは、よその子どもでも、悪さをすれば容赦なく怒鳴りつけるおじいちゃんが、恥ずかしくてなりません。ある日、近所の山田さんの家の柿を取ろうとしたこどもたちを叱り、自分の子ども時代の話を始めます。そこの柿の木の家は、ゆうたのおじいちゃんたちも、子どもの頃柿をとりに来ては怒鳴られた家だったのです。そこにすんでいた”かみなりじいさん”との交流が、おじちゃんのひとりがたりで語られ、場面が平成に戻ると……。

ベストレビュー

おじいさんの昔話

このお話は少年のおじいさんが子供のころにいた頑固なおじいさん(雷じいさんと呼ばれていた)のお話でした。子供が悪さをしたら真剣に怒る!!今ではなかなか見ない頑固おやじのお話を聞いて、うちの子は「こんな怖いじいさんいたらいや!!」と言っていましたが、こういった人がわしの子供の時にもいましたし、今もいて欲しいな〜って思いながら読んでいました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

みぞぶちまさるさんのその他の作品

ゆかいな教室 / でんぐりがえし / いつでも いっしょ / ムックとチャッピーはじめてのかわあそび



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

かみなりじいさんと ぼく

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット