だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
日本の昔話えほん 7 かちかちやま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日本の昔話えほん 7 かちかちやま

  • 絵本
作: 山下 明生
絵: 小山友子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784251011572

幼児から
B5判・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おばあさんの仇討ちに、うさぎは知恵を働かせてたぬきを懲らしめます。
日本五大昔話のひとつを木版画によって力強く描いた絵本。

ベストレビュー

たぬきさんバカだね

昔私が小さいころに祖母の背中で聞かされた「かちかちやま」
聞かされるたびに「たぬきさんばかだね」と言いながら泣いていたというのが、40年近くたった今でも語り草になっています。
あの頃のかちかち山は、この山下さんの作品のようにおばあさんが婆汁にされ、仇を打たれて狸も死んでしまうのが当たり前でした。だからこそ、幼い私の心を揺さぶり涙を流させたのです。
今は、子供を思ってのことなのでしょうが、ある程度の嫌がらせを受け、ある程度の仕返しで済ませるような、半端なかちかち山が多いと感じます。
私は息子の大きく心を動かし、大きく考えてほしくて、このかちかち山を選びました。
(月の華さん 40代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

山下 明生さんのその他の作品

だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく / ドングリさがして / 長新太の島・かいぞくオネション

小山 友子さんのその他の作品

紙芝居 ロールパンのろうるさん / 紙芝居 おうちは どこだ? / 梅干しの絵本



すべてのおとなとこどもに贈ります

日本の昔話えほん 7 かちかちやま

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット