貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
おや なにかおちてる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おや なにかおちてる

作: たなか よしゆき
絵: 野坂勇作
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥272 +税

「おや なにかおちてる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年10月

こどものとも年少版 1992年10月号

ベストレビュー

子どもの目線で

男の子が「落としたのはだあれ?」と道ばたからいろいろなものを見つけてきます。鳥のはねであったり、せみのぬけがらだったり、子どもならではの落し物を見つけてくるのです。うさぎのぬいぐるみの目が取れちゃったのは、裏表紙ではちゃんとお目めがなおしてあるんです。優しいタッチで描かれていて、読むととても心穏やかになっていきます。
(ななみやさん 20代・ママ 女の子2歳)

出版社おすすめ


たなか よしゆきさんのその他の作品

どろだんご

野坂勇作さんのその他の作品

おばあちゃんのせんたくき / まるくなったまあるくなった / でんちゅう / ポッ・スットン / しもばしら / どろであそぼう



読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

おや なにかおちてる

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88




全ページためしよみ
年齢別絵本セット