なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
動物の死は、かなしい?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

動物の死は、かなしい?

作・絵: あべ 弘士
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「動物の死は、かなしい?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784309616636

184頁

出版社からの紹介

ラクダにかまれ、ゾウを看取り、オオカミの夫婦愛の強さに言葉を失う。動物たちはこんなにも生々しい。『あらしのよるに』の絵本作家が、動物たちの命の尊さを本音で語る。動物好きは必読!

ベストレビュー

動物から学んだこと

 動物の絵本をたくさん描かれているあべさん。あべさんの描く動物たちは、かわいいだけでなく哀しさやユーモアが感じられて、見るたびにしみじみします。
 この本を読んで、あべさんがどのように動物たちとかかわってきたのか、よくわかりました。

 「世渡り術」のメッセージがわかりやすかったです。子どもに伝わればいいなと思いました。
 
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あべ 弘士さんのその他の作品

わにのスワニー / あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ / どうぶつえんはおおさわぎ / 宮沢賢治「旭川。」より / ぷんぷんヒグマ / 完全版 あらしのよるに



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

動物の死は、かなしい?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット