雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
少年少女世界文学館22 クオレ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

少年少女世界文学館22 クオレ

作: エドモンド・デ・アミーチス
訳: 矢崎源九郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「少年少女世界文学館22 クオレ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年03月
ISBN: 9784061943223

A5判 382ページ

出版社からの紹介

「クオレ」というのは、イタリア語で「心」とか「愛」とかいう意味のことばです。この作品は、19世紀後半の北イタリアに住む、エンリーコという小学4年生のひとりの少年が、1年間の学校生活のあいだに見たりきいたりした、人生と社会のいろいろな問題を日記につづるという形式をとっていて、それに毎月1回先生がお話ししてくださる物語を書きくわえてできあがっています。人間は心の弱いもので、いろいろなあやまちをおかしがちですが、そういう心を正しく成長させていくために、なにがいちばんたいせつであるかを、この物語は教えてくれます。いつ、どんな時代にあっても、世の中をしあわせにするものは、愛よりほかにないということを、しっかりと心にきざみつけていただければ幸いです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

エドモンド・デ・アミーチスさんのその他の作品

21世紀版少年少女世界文学館(22) クオレ / 母をたずねて三千里

矢崎源九郎さんのその他の作品

偕成社文庫 クオレ−愛の学校(下) / 偕成社文庫 クオレ−愛の学校(上) / 偕成社文庫 グリム童話集(1)



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

少年少女世界文学館22 クオレ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット